エコジョーズに排水配管が必要な理由

高効率で給湯できる仕組み

エコジョーズはいわゆる効率給湯器というもので、従来のガス給湯器と比較して高いエネルギー効率を誇り、光熱費を抑えることができます。

 

そんなエコジョーズですが、設置するためには排水用の配管工事を必ず行わなければなりません。

 

従来の給湯器はそんな必要がなかったのにエコジョーズになると、どこから、そしてなぜ排水が出るのか?と思われるかもしれませんね。

 

それでは、エコジョーズが高い効率を発揮する仕組みを簡単に説明しておきましょう。

 

  1. まず排気ガスの熱を二次熱交換器というもので回収する。
  2. 回収した熱を再利用して、新たなガスの燃焼を減らし、ガス使用量を低減する。

 

主にこのような働きをすることによって、高い効率で給湯することができるというわけです。

 

排水はなぜ出るの?

エコジョーズを運転すると燃焼中にはドレンと呼ばれる凝固水が生じます。

 

これは燃焼することによって生じる排気ガスから熱を回収することで、水蒸気から熱が奪われて凝固し、それが排水になるということです。

 

気体というのは冷やせば液体になりますよね。

 

排水配管は必要な理由

そうして発生した凝固水は排水として流れるため、そのまま放っておいてはあたりが水浸しになってしまいます。

 

ですからその排水用の配管工事というのが必要になるということですね。

 

もちろん配管工事なんていうのは自分で行うものではなくて、設置業者などが行なってくれるものですから、業者に任せておけばやってくれます。

トップへ戻る