ガス給湯器をエコジョーズにする場合、ドレン排水工事が必要

エコジョーズ型給湯器は節約に一役買う

10月に入ってすっかり秋めいて来ました。寒い時期に向かうに連れて、ガスの使用量も増えますから、料金は増加傾向になるでしょう。

 

となると、毎月のガス料金が悩みの種という方も増えてきますよね。特に冬になると、よりガス料金の高さを実感するかと思います。

 

そんなガス料金を節約する方法の一つが、ガス給湯器をエコジョーズに交換することですね。

 

エコジョーズ型給湯器からドレン排水が出るワケ

ガス給湯器というのは、お湯を沸かす際に排気ガスが出るものですが、エコジョーズではその排気ガスの持っている熱を再利用します。

 

排熱の再利用により従来のガス給湯器と比較して熱効率が向上したため、ガス料金が節約できるというものです。

 

しかし、この排気ガスの熱を再利用するという過程ではドレン水という排水が発生するため、エコジョーズを設置する際にはドレン排水工事という工事が必要となります。

 

エコジョーズを使用する際には、使用状況によっては一分間に100cc近くのドレン水が排水されることになります。

 

ですから、ドレン排水工事をしないと、あたりが水浸しになってしまうというわけですね。

 

ドレン排水工事はエコジョーズの設置業者が全部やってくれます。

 

ただ、設置工事が必要であり工事費用も含まれるという点は、設置業者の現地確認や見積もりときに確認しておきましょう。

 

また、使用している間に水漏れがあるようなら、そのドレン配管に何らかの問題があるという可能性もありますね。

トップへ戻る