エコキュートとLPガスを比較

エコキュートはlpガス使用のボイラーと比較して約1/10のランニングコストで維持できます。

 

また、ガスだけでなく一般の電気温水器と比較してみても、電気の消費量が大幅に少なくて済みます。

 

ですが、環境への影響を比較した場合も「エコキュートが優れている!」、という考えは安直すぎるかもしれません。

 

lpガスは使用する場所に届くまでにまったく量が減りませんが、エコキュートで使用される電気については、発電所から電線を通って着くまでに半分以上がなくなってしまいます。

 

さらに電気は、発電するためにガスや石油、石炭などを燃やさなければならず、カロリーあたりのCO2排出量がガスよりも多いと言われていますし、原子力発電にいたっては半永久的に無くなることのない有害な物質を出します。

 

これだけ考えるとエコという面では、lpガスがかなりすぐれている、という見方も容易です。

 

安全性の面でもlpガスの良い点はよく見落としがちです。

 

災害時には自動的にガスがストップしますし、一酸化炭素の発生を検知した場合にも運転がストップします。

 

このような安全装置のおかげてガス器具の事故は、非常に少ないのが実情です。

 

エコキュートも家庭内ではとても安全性が高いと言われていますが、完全に優れている、ということは決してありません。

トップへ戻る