エコキュートのタンクは370L、460Lどちらがいい?

エコキュートを選ぶ際の選択肢として迷いやすいのが、タンクの容量についてです。

 

一般に3人から5人までの家族構成が最も多いことから、370Lと460Lのどちらがいいのか迷うケースが最も多いと思われます。

 

もちろん、費用に余裕があれば460Lが最適ですが、追い炊き機能があるのであれば370L、またそうでなければ460L、というのが目安として適しているかもしれません。

 

例えば追い炊きの無い370Lの場合では、栓を閉めるのを忘れてしまうとお湯不足なったり、結果として追加のお湯を給湯するためのタイムラグが起こります。

 

浴槽のお湯を効果的に使用するようなルールを設ける、湯音設定を共有しあう、などのことでも解消できます。

 

ただし、家族の人数といった要因の他に、家族に女の子がいる場合には蛇口からの給湯を多めに使用するでしょうし、成長に合わせてエコキュートの容量を決定することも大切です。

 

エコキュートの貯湯温度についてですが、これは90度ぐらいまで上げることができます。

 

これに水を使用すれば、お湯は約半分程度で済むでしょう。しかし、あまり熱いお湯は幼いお子さんのいる家庭ではとくに注意が必要です。

 

その他、浴槽のサイズにもよります。容量が少ないのであればそのまま入れるような温度で貯湯ができ、また電気代も安くなると思います。

トップへ戻る